本屋で漫画『日本の歴史』を見かけて驚いた話

私が小学生の頃、図書室に置いてあって夢中になって読んだ漫画『日本の歴史』。こないだ本屋さんで見かけたので懐かしくて見てみたのですが、びっくり!
中身の絵柄がすごく変わってるんですね。

私が子供だった頃は、どちらかと言うと、手塚治虫や藤子不二雄みたいなタッチだったと思うのですが、今はすごく現代風というかイケメンというか…なんとなく子供に届く通信教育のDMを思い出しました笑
同じコーナーをざっと見ると偉人伝みたいのも沢山あってこれまた懐かしい!と思って見てたのですが、私が読んだおなじみヘレン・ケラーや伊藤博文などに混じってスティーブ・ジョブズなども!
ジェネレーションギャップとともに自分の年齢を再確認しました。
でも、よく考えてみると、何百年も昔の人よりも記録が鮮明に残っている分、現代の人の方が史実に忠実だし注釈なしに伝わるので描きやすい気もします。

といいつつ、私、ものすごく読みたいです。
スティーブ・ジョブズ笑女性 育毛剤 効果

昔から大好きだったこと、夢中になってやっていたこと。

ふと、自分が小さい頃何に夢中になっていたかを思い出していた。
幼稚園くらいの頃は絵を描くことが得意で、セーラームーンのお面をみんなに描いてあげて、遊んだりしていた。
そして小学生の頃夢中になっていたのが、声優ごっこ。
お気に入りの漫画を友達の家に持ち寄り、声真似をして読み上げたり、演技をして、カセットテープに録音をするという遊びだった。
録音をしたからといって、後から聞き返すでも、誰かに聞かせるものでもなかった。
それと並行していた遊びが、ジャンヌごっこ。そう、夢中になっていた漫画は神風怪盗ジャンヌという、集英社のりぼんから発行されていた漫画だ。
学校の手すりだったり、少し高めの塀などを見つけてはジャンプし、まるで自分が怪盗になったかの様に振る舞うのだった。もちろん動きは、全く機敏などではない、気待ちの問題である。後は大好きなゲームのストーリーに自分を交えたストーリー構成を自分で考え、妄想を楽しむ…。そんな子供だった。キャッシング アイフル