「まさか今から必須やめてくる」を読んでみた

いつか、新聞紙の書評記述を見て気になっていた「まだまだ今から売買やめて生じる」(北川恵海著、メディアワークス文庫)を読んでみました。
若き主役隆は、悪徳とも当てはまる会社で動くサラリーマン。心身ともに疲れ果てたところ出会った、「同級生のヤマモト」と名づける男と係わる結果、隆の職場運命は変わっていく……。というシナリオ。
自身、若い頃は職場が嫌で嫌でやり方なかったことがあり、ターミナルのターゲットでふらふらしてしまう隆の気持ちは実際共感できます。
こういう汽車に飛び込んだら、明日から出社しなくていいんだよな、なんて何たび思ったことでしょう。
隆の最初の様子に共感できる私のようなユーザーは大勢いるのではないでしょうか。
でも、ターゲットでふらついた隆は「ヤマモト」の秘訣によって助かる。
ヤマモトは妖精様?天のゴッドの使者?そんな宜しい人間、現実にはいないよ〜っ!
こうしたヤマモトのような位置づけはどうも実在しないからこそ、私たちは歯を食いしばり自力でいよいよ生き残るわけで……。
都合のいいメッセージだよな、と思いつつも、シナリオにおのずと引き込まれて続きを読んでしまうのは、隆の人柄像が現実かつどこにでもいそうだからこそ同調できて自己投影できるから、なのかな。
途中、隆が売買で急場に切羽詰まる時やヤマモトの正体など、期待適うポイントがあったので(しかもとも私の期待きちんと的中だった)、そこはまったくライターがあまいのかな。それとも、敢えて分かりやすく書いたのか?
と、行く先が少々分かってしまうにも関わらず、軽やかに読み切ることができました。
そして最後の天王山。
おや、こういうことだったのね。これはさすがに指しなかったわ。
ふとできすぎな気もするけれど、可能ではないとは思うけれど、これはある種の夢物語。
世間もこうなってくれたらいいのにな、なんて窺える素敵なフィニッシュ。
生きていくって辛くてしんどくて理不尽なことばかり。
でも、絶対いいことだって起こるよね、と映る救いの生じる締めくくりがちゃんと喜ばしい作です。
ほとんど、ヤマモトの話す関西弁が誠に人並みでした。
それもその筈、ライターの北川恵海様は大阪の出身なんですね。視力矯 子供 田中