正月の締めとなると子どもの成長を願うお参りの日

正月休みも終って本格的な仕事始めとなりましたがこの日は「七草」で正月は料理などは暴食をする人が多いと言う事でこの様な朝にすっきりして行くようにして粥を食べる人もいるがこれでも胃がやさしくする事で新たな一年が始まったが最近はお粥を食べる人が少ないと感じているが最近ではインスタントの粥があるのでそれで食べている人もいると言うがこの様な習慣もあるので年に一度はこの様な事をしているが子供の成長を祈るような事をしている県があるのが鹿児島県となる。

実はこの七草の日には数えで7歳となる年の子が神社にお宮参りをしてからお粥をもらいに近所周辺に回っているがおかゆを作って訪ねてきてた子供にお粥を振舞っているが晴れ着を着たまま回るので大変だと思っている所もあると言うが鹿児島ではこうした行事があるので三が日が終わっても終えないと言う事になっているのです。

昨日が日曜日だった事で地元の神社は正月と同じ様に賑わってたいので晴れ着を着た女の子がたくさんいいたと言うが実はこの行事はいろんな所でもしていると言うが晴れ着を写真を撮るので写真館も撮影が多く訪れた人も多いので大変だと思っているが祝った家族もあったらしい。

また。幼稚園でも七草祝いをしている所もあるのでこうした大事な行事も欠かせないと思われているが所で近所でもらって粥は食べていると思っているが子供が主役となるので食べているが量が多いので食べられないと思っているかも知れないと言う事で家族で食べているかも知れないと感じる所あると思われている。

これが終わると正月ムードが落ち着いてまた日常が戻る日々になると感じるのです。tbcのvioって何