喫茶店で繰り広げられるさまざまな人間模様

よく勉強で長居させてもらったりするのですが、喫茶店という場所はいろいろな人間模様が繰り広げられる場所です。

多くの人は食事をしたり、息抜きをしたり、足を休めたりするために使うのだと思います。

私のように読書や勉強をする人もいるだろうし、営業の打ち合わせや商談で使う人も少なくないでしょう。

ただ、ときどき聞こえてくる話の中には、私には想像のできないような状況に遭遇したりする人たちもいたりするんですよね。

先日、私がいつものカフェに行った時に隣にいたのは若い男性二人組だったのですが、どうやら一人はケガをして前の職場を退職したばかりのようです。

金銭的な不安から早く次の仕事を探さないとという相談をしていたのですが、まだケガが治っておらず、バリバリ働けるか心配だと言っていました。

一方、相談を受けている男性は、土方系の仕事のようですが、自分で起業しているらしいみたいです。

見た目の印象はまったく違うので、おそらく同級生といった間柄なのでしょうが、相談している男性は雇ってほしそうな感じが出ていつつも、友だちに頭を下げづらいのかなという印象を受けてしまいました。https://www.ropro.co/tudo-barai/