乳児と豆バスケットボールの自主講義を行ったこと

今日は営業が順調に終わったので、定時で帰った。民家についたのが18頃過ぎ。引き続きうれしい年月だったので、乳児を外に連れていって耳よりバスケットボールの自主開発をやった。乳児は小学2年生です。本音を言えば、耳よりバスケットボールのゲームに出てほしいが、今は、ネクストジェネレーション飛躍するための仕込み間です。今の乳児の妨害は、激しく手早くドリブルを付くことだと思っている。そのため、ドリブルの開発を中心に行った。まずは、右ドリブルを深く早く20回やらせた。その時に左側で敢然とディフェンスをガードするように注意した。耳よりバスケットボールのグループに入って約9か月。ずいぶんうまくなったと思った。次に左側ドリブルを激しく短く20回やらせた。そのあとに、ディフェンスが強引にボールを奪い取りにいらっしゃるときの施術を教えて、あたいがディフェンス役をやり開発をした。やっとにしては、可愛くできたと思った。再来週から外見戦が2週間にわたって開催される。おそらく乳児は出れないであろう。しかし、ゲームを視聴することで、誘因を受けてほしいと願っている。http://www.doctoraalisa.com/